MENU

祈りの経営ダスキン 経営理念

ダスキンヘルスケアの
事業には、
ダスキン創業者の想いが、
受け継がれています。

病院施設に「喜びの種まきを」を。

ダスキンヘルスケアの親会社ダスキンは、利益を追求するだけでなく、世の中の人に喜ばれる「喜びのタネまき」を実践し、地域の人々と喜びを分かち合い、物も心も豊かな暮らしに貢献することで、継続的な企業価値の向上を実現しようという経営理念を自らの“原点”としています。
ダスキンヘルスケアもこの経営理念のもと、患者さま・ご利用者さまの喜びを追求する病院・施設のお役に立つことを喜び、働きがいとして実践していくことで、お客さまとともに発展していきたいと考えています。

祈りの経営ダスキン 経営理念 祈りの経営ダスキン 経営理念

※創業者・鈴木清一(1976年元旦、中之島公会堂前にて)

経営理念には、創業者の想いが
生き続けています。

ダスキン創業者・鈴木清一は、自らの体験、生活信条、人生観を経営の指針として示しました。その理念は世を去った今も、会社の始業時に毎日全員で唱和され、確認され続けています。創業者の思想は「喜びのタネをまこう」という言葉に端的に表され、ダスキンの経営理念の根本として受け継がれています。

ダスキン創業者 鈴木 清一 ダスキン創業者 鈴木 清一