MENU

感染対策への取り組みEfforts for infection control

感染対策4つのポイント

リスクと背中合わせの
業務だから、
細心の注意と
きめ細かな気配りで。

ゾーニング/カラーリング

清浄度が必要とされるスペースでは、そのレベルに応じて区域分けを行い、それぞれを色分けをして、マニュアルに沿った清掃作業をゾーン専用の清掃用具を使って行います。

清浄度ゾーン 主な対象エリア カラーリング
高度清潔区域 バイオクリーン手術室、バイオクリーン病室
(HEPAフィルターで空調管理され、入室を制限されています)
緑(白)
清潔区域 一般手術室、清潔廊下、既滅菌室、無菌製剤室、など
(HEPAフィルターで空調管理され、入室を制限されています)
準清潔区域 手術部周辺区域(リカバリーなど)、NICU、ICU、CCU、分娩室、調乳室など
一般清潔区域 一般病室、デイルーム、診察室、待合室、玄関ホール、
検査室の一般区域諸室、内視鏡室、人工透析室など
汚染拡散防止区域 患者用便所、使用済みリネン室、汚物処理室など
汚染管理区域 細菌検査室、感染症病室、解剖室、霊安室、RI管理区域など
(空気清浄機による空気浄化や空調が陰圧に設定されています)
清浄度ゾーン 主な対象エリア
高度清潔
区域
バイオクリーン手術室、バイオクリーン病室
(HEPAフィルターで空調管理され、入室を制限されています)

(白)
清潔
区域
一般手術室、清潔廊下、既滅菌室、無菌製剤室、など(HEPAフィルターで空調管理され、入室を制限されています)
準清潔
区域
手術部周辺区域(リカバリーなど)、NICU、ICU、CCU、分娩室、調乳室など
一般清潔
区域
一般病室、デイルーム、診察室、待合室、玄関ホール、検査室の一般区域諸室、内視鏡室、人工透析室など
汚染拡散防止
区域
患者用便所、使用済みリネン室、汚物処理室など
汚染管理
区域
細菌検査室、感染症病室、解剖室、霊安室、RI管理区域など(空気清浄機による空気浄化や空調が陰圧に設定されています)

オフロケーション方式

スタンダードプリコーション(標準的な院内感染対策)にもとづく清掃方式を「オフロケーション」といいます。

  1. ①使い捨て資器材を使用する
  2. ②クリーニングによる再利用資器材を患者さまごと、
    または部屋ごとに交換する

などの方法で実施します。
資器材はそれぞれのメリットとデメリットを考慮して、ご担当者さまと協議して選定します。

高頻度接触表面の清掃

人の手が良く触れる(高頻度接触箇所)は、接触感染を防ぐために 確実な清掃を行う必要があります。ダスキンヘルスケアでは、高頻度接触箇所をしっかりと理解した上で清掃を行っています。

CDCの定める高頻度接触箇所
17項目(病室)

1 ベッド手すり、コントローラー 10 ドアノブ(病室内)
2 テーブル 11 浴室ドアノブ
3 IVポール(点滴スタンド) 12 浴室内電灯スイッチ
4 ナースコール 13 浴室内手すり(トイレ横)
5 電話 14 浴室内シンク
6 ベッドサイドのハンドル 15 トイレ便座
7 椅子 16 トイレフラッシュ用ハンドル
8 病室内シンク 17 便座クリーナー
9 電灯・エアコンスイッチ
1 ベッド手すり、コントローラー
2 テーブル
3 IVポール(点滴スタンド)
4 ナースコール
5 電話
6 ベッドサイドのハンドル
7 椅子
8 病室内シンク
9 電灯・エアコンスイッチ
10 ドアノブ(病室内)
11 浴室ドアノブ
12 浴室内電灯スイッチ
13 浴室内手すり(トイレ横)
14 浴室内シンク
15 トイレ便座
16 トイレフラッシュ用ハンドル
17 便座クリーナー

感染症対策研修

入社時の初期研修および年2回の再トレーニング時に、 感染対策の研修を実施し、知識・技術を習得します。感染 症病室の清掃は、個人保護具の着脱方法や清掃方法の訓練を受け、 知識・技術を習得したスタッフに限定して人員の配置をいたします。